50代の肌荒れの特徴

50代の肌荒れの特徴は、乾燥を原因としたトラブルが多いことだそうです。

肌が乾燥するということは様々なトラブルを招きます。シワやシミ、たるみも元をたどれば乾燥を原因としていることがほとんどなのですよ。

私たちは皮脂という天然のバリアをもって外的刺激から肌を守ると同時に、肌内部の水分が蒸発するのを防いでいます。

しかしこの皮脂分泌量は20代をピークに徐々に減少し、50代ともなるとかなり少なくなってきます。

つまりそれは肌のバリア機能が非常に低下しているということです。バリア機能の低下した肌は、紫外線を始めとする外的刺激に対して弱くなります。

紫外線を受け続けた肌はシミを作りますし、水分を蓄えられない肌は重力に負けて垂れ下がり、シワやタルミを形成します。また50代は閉経を迎える女性も多いです。

そうなると女性ホルモンの分泌量もがくっと下がりますから、ホルモンバランスの乱れで肌が不安定な状態になってしまいます。

刺激に弱い上、不安定な状態の肌。ケアを間違えれば肌トラブルが酷くなってしまう可能性も高いです。

まずは保湿力の高い基礎化粧品に切り替え、様子を見ましょう。どうしても肌トラブルが改善されないようなら、皮膚科へ行って相談するのも手のひとつです。


関連記事


おすすめ化粧品ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2016.03.22 | エイジングケア, 肌ケア

    エイジングケアには保湿効果
    鏡を見るたびに、小じわやほうれい線が増えているような気がする…
  2. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    化粧品を見直しましょう。
    若いころに比べ、肌の潤いやハリなど、40代、50代になると気…
  3. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    40代・50代の肌ケア、化粧品選びに妥協ナシ!
    女性にとって肌ケアはとても大切なこと。とくに年を重ねるにつれ…