ラクダ

タバコ・禁煙と肌荒れの関係

タバコはお肌には悪いとよく言われます。タバコは健康に悪く、百害あって一利無しです。

肌にも悪影響を与えます。タバコを吸うと肌荒れの原因になるのは、ビタミンCを破壊してコラーゲンの生成を妨げるからです。

ビタミンが失われると、シミ、しわ、たるみなどの老化現象を促進します。

また、タバコは、女性ホルモンの分泌を抑制するので、ホルモンバランスを崩すことにつながります。

そして血流が悪くなるので、肌に栄養が行き届かなくなります。

まして40代、50代のお肌にタバコは大敵です。

現代は以前に比べ、喫煙率が下がってきていると言われています。

タバコがかっこいいという時代はもう過ぎ去ったのですね。

40代、50代でいまだにタバコを吸われている方は、なかなか辞めるのは大変かもしれません。

しかし、大事なお肌のためです。そして何より、自分の健康のためです。

良いこと無しのタバコを禁煙すれば、肌荒れをある程度、防ぐことができるので、習慣でタバコを吸っている人は、タバコから違うものに置き換えましょう。

吸いたくなったらタバコではなく、違うものにチェンジします。

アロマを使用するのはおすすめです。リラックス効果が高いからです。

イライラしたときはタバコを吸うのではなく、アロマを利用します。

バッグに入れておけば、タイミングよく吸うことができます。

タバコを辞めれば、無駄な出費が減るだけでなく、美肌に近づくことができます。

禁煙は、美しい肌を手に入れるための第一歩でもあるので、タバコを辞めて美肌を目指しましょう。


関連記事


おすすめ化粧品ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2016.03.22 | エイジングケア, 肌ケア

    エイジングケアには保湿効果
    鏡を見るたびに、小じわやほうれい線が増えているような気がする…
  2. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    化粧品を見直しましょう。
    若いころに比べ、肌の潤いやハリなど、40代、50代になると気…
  3. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    40代・50代の肌ケア、化粧品選びに妥協ナシ!
    女性にとって肌ケアはとても大切なこと。とくに年を重ねるにつれ…