敏感肌にはエイジングケアが効かない?

敏感肌にはエイジングケアが効かない?

敏感肌というのは肌のバリア機能が弱くなっている状態です。

肌の機能が弱くなっているワケですから外部刺激を受けやすいという事になります。

お肌から保湿力が失われ乾燥肌にだんだん傾いていくのと同時にターンオーバーの乱れなどから肌バリアが弱くなり外部刺激にも弱くなってしまうのです。

敏感肌だと化粧品がしみたり、シミやくすみの原因となる紫外線などの外部刺激に弱くなります。

更に、肌内部のコラーゲンが壊れたり。保湿成分や美容成分が逃げていってしまいます。

それに増して、加齢によるお肌の老化が敏感肌に追い打ちをかけてしまう状態が考えられるわけですね。

なので、保湿をしてハリ、弾力の成分を与えるエイジングケアをする為には敏感肌はなかなか難しいところです。

せっかく浸透させた成分が逃げていってしまう、逃げていきやすくなってしまうからです。

エイジングケアは保湿ケアと同時に美容成分を肌へ浸透させ、潤いと同時にしわやたるみなどの原因となる弾力のあるお肌を手に入れる為のスキンケアです。

そのエイジングケアが敏感肌の場合は効果が出にくい傾向があるそうです。

エイジングケアを進めていくためにも根本となる敏感肌のお手入れをきちんとしていきたいものですよね。


関連記事


おすすめ化粧品ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2016.03.22 | エイジングケア, 肌ケア

    エイジングケアには保湿効果
    鏡を見るたびに、小じわやほうれい線が増えているような気がする…
  2. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    化粧品を見直しましょう。
    若いころに比べ、肌の潤いやハリなど、40代、50代になると気…
  3. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    40代・50代の肌ケア、化粧品選びに妥協ナシ!
    女性にとって肌ケアはとても大切なこと。とくに年を重ねるにつれ…