紫外線とエイジングケア

エイジングケアの基本

最近、女性誌やテレビなどで話題になっているエイジングケアですが、これは加齢に伴う肌の老化のお手入れをするという意味です。

一般的に25歳をすぎると、お肌の曲がり角と言われますが10代のころの肌と比較すると年齢を重ねるにつれてしっかりと肌ケアをしている人との差が出てきます。

口角が下がってきたり、目元や口元が乾燥しやすくなったり、ほうれい線や頬の毛穴が目立ってきたという人はエイジングケアが必要になってきます。

肌の老化を促進させないためには紫外線対策を万全に行うことが大切です。

紫外線を浴びると肌が乾燥しやすくなりますし、しみやしわ、たるみの原因の多くが紫外線によるものなのです。

夏だけではなく外出する時は日焼け止めを塗ったり、洗濯物を干す時にもしっかりとUV対策を行うことで数年後の肌も変わってきます。

また喫煙などは肌にストレスを与えてしまうので控えた方が良いでしょう。

美肌をつくる食事、化粧品でのスキンケア、サプリメントなど肌の老化を防止するためにできることは沢山ありますが、それと同時に肌に悪い事をしていれば、これまでの努力が無駄になってしまいます。

効果的なエイジングケアを行う前に、まずは肌に良くない習慣を改善することが必要です。

そしてエイジングケア用の自分に合った良い化粧品を使用するようにしましょう。


関連記事


おすすめ化粧品ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2016.03.22 | エイジングケア, 肌ケア

    エイジングケアには保湿効果
    鏡を見るたびに、小じわやほうれい線が増えているような気がする…
  2. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    化粧品を見直しましょう。
    若いころに比べ、肌の潤いやハリなど、40代、50代になると気…
  3. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    40代・50代の肌ケア、化粧品選びに妥協ナシ!
    女性にとって肌ケアはとても大切なこと。とくに年を重ねるにつれ…