看護婦

肌荒れと内臓

肌荒れには様々な原因があるのですが、
どれをやってもなかなか肌荒れが改善されない場合は、
一度内臓疾患を疑ってみてもいいかもしれません。

肌荒れと内臓の状態の関係にはとても深いものがあるのです。

内臓の不調が起こると初期症状として肌荒れが起こります。

内臓疾患による肌荒れは保湿クリームなどの化粧品を使う事で一時的には良くなるかもしれませんが、化粧品だけでは根本的な改善にはなりません。

しっかり治すには内臓疾患の治療が必要なのです。

一般的に肝臓の機能が低下してしまうと肌荒れの状態が出やすくなるといいます。

肝臓は重要な臓器の為肌荒れだけでなく体調不良にもなってしまいます。

肌荒れは普段しっかりケアする事で治りますが、肝臓が原因の場合はケアしても良くなる事はありません。

肝臓による肌荒れは放置してはいけません。

肝臓の機能が低下しているとどんどん悪い方にいってしまいます。

肝機能が機能せず肝臓が悪化してしまうと、肌荒れだけなく危険な病気が隠れている場合もあるのです。

普段の肌荒れとは少し違う感じだと思ったら早めに病院に行きましょう。

その際皮膚科ではなく内科で治療しましょう。

「大丈夫」と呑気に思って、取り返しのつかない事にならないようにしましょう。

特に40代、50代の年齢層だと少なからず身体の不具合の可能性は考えられますので、普段と違うような肌荒れの場合、化粧品などのケア用品に頼らず、まずは病院で診てもらうことをおススメします。


関連記事


おすすめ化粧品ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 2016.03.22 | エイジングケア, 肌ケア

    エイジングケアには保湿効果
    鏡を見るたびに、小じわやほうれい線が増えているような気がする…
  2. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    化粧品を見直しましょう。
    若いころに比べ、肌の潤いやハリなど、40代、50代になると気…
  3. 2016.03.13 | エイジングケア, 肌ケア

    40代・50代の肌ケア、化粧品選びに妥協ナシ!
    女性にとって肌ケアはとても大切なこと。とくに年を重ねるにつれ…